教育は洗脳か?

教育は洗脳か?

こういうことをいうと学校関係者から批判がでそうであるが、たとえば日本における太平洋戦争中の小学生に対する鬼畜米英教育や現在の北朝鮮の金一族への崇拝教育などはあきらかに洗脳の域であろう。それらは、洗脳であるし、否定できない。

個人的には現在の日本の義務教育が洗脳教育とは、到底いえないと思う。ただし、今後、そういう方向に進む可能性はゼロではないし、われわれは後の世代の人々にそういわれないような義務教育を進めていかねばならない。

親ができることは何か?道徳と躾(しつけ)

親が出来ることは何か?

まずは道徳と躾(しつけ)。道徳や躾と言っても、子どもに暴力で服従させるようなことは違法であるので、言葉でしっかりと教えなければなりません。

他の人に迷惑をかけない。など

子どもには英語と数学

もし あなたに0歳から小学生の子供がいるなら、英語と算数(数学)を勉強させましょう。本屋で簡単な参考書を買うもよし、ネットで勉強するのも良いでしょう。英語と数学は世界標準だからです。

英語は多くの国で通用しますし 数学は世界のどこでも通用するからです。

もちろん それは日本でも同じです。また英語と数学は理系の大学では ほぼ必須科目です。

将来お子さんが文系に進んだとしても英語や数学は 旧帝大などの国立大でも受験科目ですし、早稲田や慶應の多くの学部で受験科目で使われています。

つまり英語と数学はやっておいて損はない科目なのです。

 

 

教育もコストパフォーマンス?

教育もコストパフォーマンスなのだろうか?

もちろん、あなたにお金と知力があれば、スイスで教育を受けたほうが良いだろう。

しかし、普通の人々はそんなことはできません。

教育面で一般の人が最小のコストで最大の効果をあげるのは少なくとも努力が必要です。

 

関連サイト

関連サイト一覧

歴史

投資

英語

社会

信州

岐阜

ブログ

ニュース

教育

健康

ビジネス

観光

国際

 

ドーム

不動産

化学製品